ギャリです ↓の ブログランキングに参加しています
他の方の焼酎ブログも沢山載っているので是非見てみて下さい


焼酎 ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram
blogramランキング参加中!

芋焼酎初心者ギャリの
芋焼酎レビュー 一覧はこちら
酒器 一覧はこちら
二日酔い対策 一覧はこちら

2018年04月28日

【本格焼酎】大和桜(芋焼酎)

どもー芋焼酎初心者のギャリです手(パー)

こんにちは手(パー)
今日からGWですね。皆様はGWどんな芋焼酎を飲むのでしょうか?私は大和桜と薩摩茶屋で過ごそうと思っている次第であります

というか、いつもはGW入る前日なんてテンションMAXで一日中ウキウキしていたのですが、今年はあ〜GWなんて一瞬で終わるんだろうな、あっという間に出社前日になって、明日から会社行きたくねーなって思うんだろうなって考えたら落ち込みました


今日はこれ『大和桜』

飲み方別評価(レビュー)
ストレート
水割り  :
ロック  :
お湯割  :
芋度   :

・感想
まず封を開けた瞬間の「おっいかにも芋焼酎!!」といった香ばしさ。涎垂れそう
まず飲み方問わず全てで旨いです。

そして甘みが強い

水割り < ロック < ストレート ≒ お湯割りとどんどん甘味が強くなっていきます。やっぱり温度が高い方が甘味を感じやすいんでしょうか??

水割りで飲んでもしっかりと芋の風味は残っています。ストレートでは若干刺激が強く感じましたがこれまでの芋焼酎の中ではストレートもレベルは高いです。
ただやっぱりお勧めはお湯割りです、4月の後半で、半袖で十分なこの時期にお湯割りで飲んでもとても美味しい汗ダラダラですが。

とにかく口当たりがいいので芋焼酎初心者には是非お勧めしたいです。味だけで言えばですよ!購入しやすさは抜きで



大和桜.jpg

「佐藤黒」・「村尾」など他では手の入らない銘酒ぞろい





・大和桜とは
芋は「黄金千貫」、白麹で出来ている芋焼酎です。

大和桜酒造のレギュラー商品になります。レギュラーといっても私が調べた限りでは、大和桜酒造では大和桜、大和桜 紅芋、ヤマトザクラヒカリの3商品のみ販売しているようです。この3商品への想い、意気込みは相当な物がありそうですね

芋焼酎造りには白金の露(白)同様「石蔵」でで麹造り、全甕仕込み行っています。私は知りませんでしたが、大和桜の杜氏の方は結構有名な方でメディアにもよく出ているようです。

若松 徹幹(わかまつ てっかん)さんと言うのですがこの人が中々凄い。

見た目はチャラいのですが、「みんながしないことをしようとする」という想いを持った方で芋焼酎界にイノベーションを起こしそうな感じの人です。相撲界で言えば貴乃花、野球界で言えば大谷翔平や落合博満と、今までの常識に捉われないやり方ができる方というのはとてもかっこいい

こういう人たち、ちょっとでも失敗するとすぐ批判の的になってしまうからリスクも相当あると思います

ちなみに徹幹さんの見た目はこんな感じ。
若松徹幹.jpg

前に紹介した魔王七窪を生んだ前村さんはこんな感じ。真逆っぽいっすね。
前村さん.gif
詳しくは蔵元探訪 | 大和桜酒造に載っているので是非見てください。面白いです
ここを見てから飲む大和桜はまた一味変わると思います。


ボトルは商品名そのままに和のイメージさせるデザインで、個人的にはとても好きです。前回のHEAVY OZであったり、夏用芋焼酎夏の小牧の様な、今までの芋焼酎とは一見違うデザインの物よりかは、今回の大和桜や伊佐美の様な『The 和』という芋焼酎の方が私は美味しそうに見えるんですよね〜


大和桜は全て手作りで生産量が少ないせいか、私はスーパー等では見かけた事はないですし、酒屋でもちょっと珍しい芋焼酎が置いてある所でしか見たことがないので、実店舗で探そうとするとちょっと大変かもしれません。。。
ただネットでは普通に購入できますし、価格もプレミアム焼酎化しているわけではなく1升瓶で2400円前後で購入できるので、購入する際はネットで買うのがいいのかなと思います。口当たりも優しいので芋焼酎初心者にももってこいです

余談
私は毎回原料芋を調べるのですが、大和桜酒造のホームページで大和桜の原料見ると「甘藷」って書いてあるんですよね。


おいおい甘藷ってなんやねん。


芋はどこいった!芋は


と思ったら甘藷ってさつまいもの事だったんですね。私が無知なだけでした
退散


他の芋焼酎レビュー 一覧はこちら

毎日の晩酌でカロリーが気になる方は

大和桜
大和魂を持った芋焼酎
楽天

鹿児島芋焼酎 大和桜酒造 大和桜 25度 1800ml




Amazon

大和桜酒造 大和桜25度1800ml




posted by ギャリ at 21:00 | Comment(0) | 【焼酎レビュー】 芋焼酎 個別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

【本格焼酎】HEAVY OZ(ヘビーオンス)(芋焼酎)

どもー芋焼酎初心者のギャリです手(パー)

こんにちは手(パー)

今日4歳になる娘に誕生日プレゼントで、魔王村尾、森伊蔵の3Mをプレゼントしませんでした。(そんなん4歳児にプレゼントしたら児童虐待ですね

実際はD-Bykeというペダルの取り外しが可能な自転車を買ってあげました私自身小さいころにマウンテンバイクが欲しかったのですが、親が買ってくれたマウンテンバイクが何故か黄色で、「なんで!?黄色」という感じで全く嬉しくなかったので、子供にはしっかり自分が欲しいものを選ばせてあげました

やっぱりプレゼントは子供が欲しいものでないと意味がないし、喜んでくれないと親も嬉しくないですからね

今日はこれ『HEAVY OZ(ヘビーオンス)』

飲み方別評価(レビュー)
ストレート
水割り  :
ロック  :
お湯割  :
芋度   :

・感想
名前からいって異端児のこの芋焼酎
友人のT-翔からプレゼントでもらったのですが、ボトルを見た時点でこれ芋焼酎???ウイスキーか何かじゃないかと思いました。ただ蓋を開けてみると見た目と違い、思ったよりは芋焼酎の香りがしました。

時期も時期なので最初はお湯割りでゴクリ。


うん。


全然芋焼酎っぽくない。


芋焼酎っぽさは少しあるんですが芋焼酎のいい所が全てなくなっている感じ

こりゃダメだと思ったのですが、ストレートで飲んでみるとビックリ今度は逆に芋焼酎らしい味わい!味わえば味わうほど芋焼酎特有の甘味が出てきました。

結果的には、芋焼酎を飲みたいのであればあえてこの芋焼酎を買う必要はないかなと思いました。けどけして不味いわけではないです

あとウイスキー感覚で飲めるという宣伝をちらほら見ますが、全くウイスキーっぽさはないです。せいぜいボトルデザインぐらいでしょうかね。ウイスキーっぽい芋焼酎を飲みたいならまだ桜島あらわざ天使の誘惑の方がよっぽどウイスキーっぽいと思います。
総合的に見て芋焼酎初心者に勧めるような芋焼酎ではないかなと思います。

HEAVY OZ.jpg

「佐藤黒」・「村尾」など他では手の入らない銘酒ぞろい





・HEAVY OZとは
芋は「黄金千貫」、白麹で出来ている芋焼酎です。
見た目からして芋焼酎界の異端児っぽかったのでどんな原料芋、麹を使っているのかと思いましたが意外に普通でしたちなみにアルコール度数は24度です。この24度というのは24ozヘビーオンスデニムをイメージしているとのことです。デニムをイメージしているのはアルコール度数だけではなく、ラベルもデニムパッチのデザインをモチーフにしています。


なんでデニムなんだろう⁉


HEAVY OZはオガタマ酒造で製造されている芋焼酎です。
この芋焼酎は「稲妻フェスティバル」10周年記念で商品化されました。調べてみると稲妻フェスティバル会場限定販売等と書かれていますが、オガタマ酒造の公式ホームページの商品一覧にも記載されていますし、その他のサイトでも購入できるので、もうレギュラー化したっぽいですね。


私は友人からプレゼントでもらったのですが、もしかして会場で買ってきてくれたのかな


また製造にあたってはオガタマ酒造で販売されている、鉄馬(※1)と同じ樽貯蔵の原酒を一部使用していて、優しい口当たりや香り、しっかりとした後味を売りにした芋焼酎になります。
※1…オガタマ酒造の年間10000本限定の芋焼酎

お酒の製造をしたことない私としては、正直「樽貯蔵の原酒を一部使用」がどんな効果があるのか、全くわかりません。そもそも樽貯蔵は酒類を樽に入れて熟成させる方法ですが、樽貯蔵の原酒?しかも一部使用ってどういうことなんだろう???

ただ鉄馬の名前を借りてるようにしか見えない。。。

それか私の国語力がないかちなみに高校3年間国語はずっと赤点でした。うひょー
そしてたまに平仮名が書けなくなります。この前は扇風機の「せ」を書こうとしたらカタカナと平仮名が混ざった「せ」を書いていました。

少し批判的な感じになってしまったかもしれませんが、HEAVY OZは酒造とライトニングのコラボであったり、今までの芋焼酎には全くないデザインであったり、新しい試みが沢山あるのでこういった部分は応援していきたいと思います


他の芋焼酎レビュー 一覧はこちら

毎日の晩酌でカロリーが気になる方は

HEAVY OZ
ダンディな男性にあう、お洒落なデザインの芋焼酎
楽天

薩摩芋焼酎 オガタマ酒造 HEAVY OZ(ヘビーオンス) 24度 720ml




Amazon

オガタマ酒造 鉄馬 芋 25度 720ml [鹿児島県]


posted by ギャリ at 17:16 | Comment(0) | 【焼酎レビュー】 芋焼酎 個別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

【ニュース】赤霧島 2018 春 出荷日(発売日)

どもー芋焼酎初心者のギャリです✋

こんにちは✋

花粉症真っ只中のこの時期。


そう。あの時期です。


赤霧島2018春の出荷日

赤霧島.jpg

今回はなんと

出荷日2018年03月14日(水)となります。

もう明日です。
今回の出荷日は例年通りです。

私が芋焼酎初心者ブログを始めた頃は、まだ限定品で貴重というイメージが強く、プレミアム価格で販売される事も多々ありましたが、最近はどうなんでしょう。

結構近所のスーパー等でも定価で売られているのを見る機会が増えたように感じます。恐らくは茜霧島の登場などで赤霧島の希少性が薄れてきたからではないかなと個人的には思います。

あと赤霧島の出荷日の報告で毎度書いていることになりますが、出荷した赤霧島が関東近辺の店頭に並ぶのはどんなに早くても、出荷日の次の日。(違っていたらすみません)


昔と比べて購入できないなんて事はないと思いますが、関東住まいの方は早くても翌日ぐらいから探すのがいいと思います。
それより早く探しても無駄足になる可能性が高いです。

・入手方法
昔とは違い今はもう手に入り辛いなんて事はありません。
買おうと思えば誰でも定価で買えるぐらいに市場には出回っています。
(時期を間違えると中々難しいですが)

とりあえず出荷日翌日、翌々日ぐらいから、ひたすらコンビニ、スーパー、酒屋に通うことですね。ネットでは先行予約なんかもやってたりするのでそういったところで予約するのもいいと思います。

ただネットの場合送料もかかってしまうのでやはり自分の足で探すのが一番楽しいですね


ちなみにうちの近くではセブン、ファミマが置いてある確立が高いですよ


今回も飲みたい人に飲みたい分だけいきわたる事を願っています。

赤霧島プレゼントにもオススメの人気の芋焼酎でーす
(※注意 2018年03月14日までは2017年秋以前の物しか買えませんよ〜)
楽天

2017年秋版 霧島酒造 「赤霧島」 25度1800ml 数量限定販売 宮崎県 芋焼酎 【RCP】




Amazon

霧島酒造 赤霧島 25度 1800ml


タグ:赤霧島
posted by ギャリ at 14:38 | Comment(0) | 【芋焼酎ニュース】 赤霧島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲みたい芋焼酎3

どもー芋焼酎初心者のギャリです✋

こんにちは✋
今日は夜勤なので昼間は休みです。昼間っから既に芋焼酎の事ばかり考えていますぐへへ

2014年11月08日に飲みたい芋焼酎を書いてから、3年以上経ってしまったので進捗確認も含めて、確認してみたいと思います

↓↓↓↓↓↓↓↓飲みたい芋焼酎で書いた飲みたい芋焼酎リスト↓↓↓↓↓↓↓↓
1.薩摩茶屋    飲んでないけど買った
2.八幡      飲んだ
3.萬膳      飲んだ
4.伊佐大泉
5.鶴見      飲んだ
6.月の中     飲んだ
7.川越      飲んだ
8.佐藤(黒)    飲んだ
9.富乃宝山    飲んだ
10.玉露     飲んだ
11.山元
12.和助     飲んだ
13.竹山源酔   飲んだ
14.千鶴     飲んだ
15.石鯛
16.黒瀬安光
17.まろ甕(まろがめ)

↓↓↓↓↓↓↓↓飲みたい芋焼酎2で書いた飲みたい芋焼酎リスト↓↓↓↓↓↓↓↓
18.      飲んだ
19.六代目百合  飲んだ
20.赤猿
21.霧島     飲んだ
22.桜島あらわざ 飲んだ
23.鶴見黄麹
24.七夕(黒)   飲んだ
25.土竜
↓↓↓↓↓↓↓↓飲みたい芋焼酎3で新たに追加↓↓↓↓↓↓↓↓
26.八千代伝 熟柿


飲みたい芋焼酎で書いた物に関しては後6本飲めばコンプリートですね。いつでも買える芋焼酎に関してはいいのですが、まろ甕なんて大手町の居酒屋でしか見たことないです。。。あと山元も店で並んでいるのは見た事ないですね。。。

なので情報待ってます

飲みたい芋焼酎2で書いた物に関しては後3本飲めばコンプリートですが、鶴見黄麹が中々の強敵です。酒屋でも居酒屋でも見たこともないです

そして今回追加した「八千代伝 熟柿」。名前だけで旨いの確定しそうな名前なので是非買ってみたいです


芋焼酎レビュー 一覧はこちら

楽天

【注目!!】芋焼酎鶴見 黄麹 1800ml




Amazon

鹿児島県 八千代伝酒造 猿ヶ城渓谷蒸溜所 熟柿【じゅくし】 芋 25°1800ml


posted by ギャリ at 13:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

【本格焼酎】安田(芋焼酎)

どもー芋焼酎初心者のギャリです手(パー)

こんばんは手(パー)

どうも今年一発目の更新になります。魔王を飲んで一回魔界に行ってしましたが、何とか戻ってくることが出来ました。

もう二月ですが今年も宜しくお願い致します。私ギャリは年末から仕事も忙しくて毎日怒られて鬱病になるかと思いましたよそんなギャリを助けてくれるのがハイボールじゃなくて芋焼酎ですね、去年からちょっとハイボールにはまっていましてちょっと芋焼酎離れしちゃってました。


すみません芋焼酎の神様


今日はこれ『安田』

飲み方別評価(レビュー)
ストレート
水割り  :
ロック  :
お湯割  :
芋度   :

・感想
いやー久々の芋焼酎だったから、久々の芋焼酎お湯割りだったからかわかりませんが、一口飲んだ時にあまっ

お口の中でお芋さんとお芋さんがイチャイチャしてるじゃないですかと思うぐらい芋の甘みが口いっぱいに広がりました。この感覚久しぶりですわ最近はハイボールばっかり飲んでいたので、この濃厚な芋焼酎の風味や味に驚きました。もしかすると私の舌は芋焼酎に飢えていたのかもしれません。


ごめんよボックンの芋焼酎専用舌君。


そして芋100%の芋焼酎は昔明るい農村(黄金全量)を飲んでから?若干敬遠気味だったのですが、芋100%でもこれは旨いです。超骨太の超芋臭い芋焼酎系ではありませんが、とてもバランスがよくヤクルトの山田哲人のような感じでしょうか。

あと個人的にはびっくりしたのが水割りで飲むより遥かにストレートで飲んだ方が美味しいです。ここまでストレートで飲んだ方が旨い芋焼酎も私が飲んだ中では結構珍しいです。ただ何といってもやっぱりお湯割りが一番です

安田を買った人は是非ともストレートお湯割り水割り等色々な飲み方を試してみてください


安田3.jpg

「佐藤黒」・「村尾」など他では手の入らない銘酒ぞろい





・安田とは
芋は「蔓無源氏」、芋麹で出来ている焼酎です。あと大抵芋焼酎は25度が多いのですがこれは26度なんですね。

安田は国分酒造で製造されている芋焼酎です。
国分酒造で作られているのは下記になります。(一部抜粋)
・レギュラー焼酎
さつま国分
黒石岳
etc.

・大正の一滴シリーズ
大正の一滴
蔓無源氏原酒
etc.

・芋100%シリーズ
いも麹 芋
安田(今回のレビュー対象)
etc.

私が飲んだことある芋焼酎は一つもありませんでしたが、見てみると大正の一滴シリーズは私の芋焼酎心をくすぐりますね。一滴というのが特別感があってとても興味をそそります。
安田は芋100%シリーズなんですが、芋「蔓無源氏」を使うことによって安田は、芋100%シリーズの「いも麹 芋」と大正の一滴シリーズの「蔓無源氏」両方の特徴を兼ね備えています


毎度恒例の焼酎のラベルに書いてある事を紹介したいと思います。魔王の時は全て書くと長いので抜粋しましたが今回は全て書きたいと思います。

「百年昔の芋「蔓無源氏」で仕込んだ芋100%の焼酎」
平成十五年七月。十本の苗から「蔓無源氏」の芋の復活劇が始まりました。復活させたのは、農家の谷山秀時さん。
霧島市福山町佳例川(かれがぁ)。水と土が息づくこの地が舞台です。

この芋を使った焼酎造りを手掛けるのは、杜氏・安田宜久。
平成四年に国分酒造の杜氏となり、平成九年には、業界初の芋100%の焼酎「いも麹 芋」を仕込み、安田独自の手法で、芋100%の焼酎を作り上げてゆきました。

「蔓無源氏」の芋で仕込んだ芋100%の焼酎。

原料・仕込み方法ともに、他にはない唯一無二の芋焼酎です。


毎度ラベルを読むと痺れますね〜杜氏の熱意というかこの芋焼酎に対する思いが沢山詰まっています。ちなみにこの安田のラベルにはしっかりと販売店のスタンプが押されています。
ちゃんとした販売店じゃないと販売出来ないようにしてるんですかね??と思い調べてみると。。。

今年度の芋焼酎「安田」は、平成29年11月より順次出荷が始まり、全国の特約店で販売されるそうです。特約店はこちらのページから問い合わせれば教えてくれるようなので興味ある方は是非。

ちなみに私は「お酒のアトリエ 吉祥」で購入させて頂きました

他の芋焼酎レビュー 一覧はこちら

安田
安田が楽天、Amazonで見つからなかったので大正の一滴シリーズの蔓無源氏を紹介です
楽天

蔓無源氏(つるなしげんぢ) 芋26°1800ml




Amazon

国分 蔓無源氏 芋26度 1800ml


posted by ギャリ at 19:44 | Comment(0) | 【焼酎レビュー】 芋焼酎 個別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼酎 ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram
blogramランキング参加中!